FC2ブログ

史上最強の侍女オブライエンさんの惑星

NHK海外ドラマ『ダウントンアビー』を中心に映画も少々・・・。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHKダウントンアビー『最終回』シーズン1



第七回―運命のいたずら―カテゴリ ダウントンアビーの国へ


20世紀初頭、イギリスの貴族クロウリィー家が住む館、ダウントンアビー。

使用人達でごった返すお屋敷の中を、慌しく動き回る家政婦長ヒューズ。
ダウントンの留守を預かる彼女の前に、カーソンが現れる。
ロバート御家族の荷物と一緒に、メイド長アンナ(三人娘の御世話役兼任)と共に、ひと足早く戻ってきたのだった。
グランサム家のロンドン旅行は、毎年の定例行事であるが今回、三女シビルの社交界デビューがその主たる目的だった。
シビルを笑顔で褒めるコーラに、つっかかる次女イーディス。不出来な娘には人一倍の気遣いを!がんばれ、コーラ!

でもコーラは他の事でも頑張っていた!なんと、妊娠したのだ!
月齢4ヶ月。奇しくも近々、医療関係者を集めたガーデンパーティーが、ここダウントンアビーで開かれる事になつていて、
その準備もはじまりつつあつた。
待望の跡取り誕生が期待された。が、そうなるとマシューの立場が微妙になってくる。
男子が生まれて来た場合、彼はだだの親類の一人!ただの親族の”クロウリィー弁護士”に戻るのである。

長女メアリーは、まだ一人ロンドンの叔母ロザムンドの元に居た。
帰ったら、マシューのプロポ-ズに返事する事になっていたのだが。ビビッて、帰宅を延ばしていたのだった。

 自分の心に意地張る癖は早く直さないと(ベイツにも言えてるが…)、負のスパイラルに嵌りだす。
まずロザムンドが、「あなたは、ただの男のマシューでは満足出来ない。」と撹乱させる。
 ドドメは善意の塊(いや、保身の塊かも?)、元彼のイブリン・ネイピア氏から、『バムーク事件』の
暴露犯の正体がイーディスであると知らされる事となる。
チクるのは、貴族同士間の特権ではない。

ロンドンに滞在中、精力的に情報網の構築に励んでいたオブライエンの元に、帰還後手紙が届く。
《ベイツは、窃盗罪で2年間服役していた。》犯罪者はクビにすべきだ!と、トーマスと共にカーソンに詰め寄る。
カーソンは事実をロバートに伝えるも、
今回の二人の告発の動機が品位や、正義心からくるものでなく。全ては二人のベイツに
対する憎悪から来るもので、例の手紙の内容も改ざん、捏造しかねない輩だ!

みたいな私見まで添えてベイツを庇う態度を示した。ロバートは、クビにすべきは二人の方とにと心を決める。

やばい!今回のオブライエンは、やる事、成す事裏目に出てるぞぉ~っ!。

 方やロバートは、料理長パットモアには深い情で返す。
本格的に目を治す為、ロンドンにあるムーアフィールズ眼科病院に入院させるのだ。
その間、マシューの屋敷の料理長バードが代役を務める。
その為マシュー、イザベル、従者のモーウルズリィーの全員が屋敷に滞在する運びにまでし、
来るべき医療関係者を集めたガーデンパーティーに備えさせた。
あまりの磐石な布陣に「帰ってきたら、自分の居場所が無いかも!」。
危惧したパットモアは、愛弟子のデイジーに自分の留守中、料理にテロ行為をして、バードを潰すように密命を与えて、
付き添いのアンナを供にロンドンに旅立った。

 ロンドンではアンナが愛するベイツの為に、刑事バリに大活躍!
ベイツの母親の証言まで取って状況証拠でベイツの無罪の証明と、罪を自白した訳を帰還後にロバートに伝えるのだった。

 オーストリアの皇太子夫妻は暗殺されてしまったが、料理テロは有能なバードにより阻止された。
師匠想いデイジーは赦され、退院後に復帰したグラサン姿のパットモアも、バードとちょっとした事で和解して協力して
共にガーデンパーティーのメニュー作りに勤しむ。


前回絆を深め、仲良しになれたコーラに義母バイオレットが
悩み事を相談する。
 侍女に寿退職されるのを嘆く彼女の代わりに、コーラが
新聞広告で募集してあげる事にする。
しかし…ロバートが、自分をクビにしたがっているの聞いて
しまいるオブライエンは、いよいよかと勘違いしてしまう。

その上カーソンの上着から求人記事の依頼書を、
トーマスが抜き取り盗み見て誤解の炎に油を注ぐ。
 当のトーマスは、その現場をモールズリー目撃され
窃盗の罪でクビ内定が決まった。が、開戦を予測していた彼は、陸軍医療部隊へ転職を決め、既に手を打つていた。

 「10年も侍女として尽くしたのに、守ってもくれず、黙ってバッサリかい!」
.侍女オブライエンの邪推の怒りが込み上がる日々の中、遂に魔の瞬間が訪れる。

浴室内の湯船に浸かり、身体を洗うコーラの落とした石鹸がバスタブの下にはいりこむ。
オブライエンは見えない位置で拾い上げた石鹸をふたつに割り、片方たけをコーラに返す。
残りはバスタブ出口付近に罠のように設置して部屋を出た…。
数秒後、コーラは浴室内で転倒し流産する。

オブライエンが思い直し、石鹸を取り除きに戻る時間は、無かった…。

男の子だった。…。泣き崩れそうになるのを堪えながら、ロバートはベイツに続ける。
「せめて、君が残ってくれるの慰みとしよう。」そして、号泣。

悲しみを乗り越えるように迎えたガーデンパーティー当日。嬉しい知らせが二つも届く!
ひとつはトーマスの陸軍入りで、自ら辞職を申し出た事。カーソン、ヒューズ御両名は大喜びの展開。
もう一つはシビルとグエンの努力が報われ、秘書グエンが誕生したのである。

GOOD LUCK!グエン!

実は、三つ目も有りだったかも知れない。
パーティーの席で、イーデイスにストララン氏が求婚発表するはずだったが、メアリーの怒りの報復で潰される。

相思相愛のメアリーとマシューも若さゆえの自分の心に意地張る癖の為別れてしまう。

人知れず、殺人を犯し良心の呵責に胸を痛めるオブライエンは、バイオレットとの会話から、全くの自分の
邪推のせいでコーラを流産させたの知らされ打ちの目される。
盟友トーマスも勝手に戦線離脱!大丈夫か?オブライエン!どうする?オブライエン!

急遽、ロバートがパーティーの出席者全員に集合をかけ呼びかける。強張った顔は事の重大さを物語っていた。

第一次世界大戦の勃発

 ―侍女、オブライエンの闘争は継続可能なのか?―シーズン 2へつづく―

スポンサーサイト
【 2014/08/03 (Sun) 】 ダウントンアビーの国 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
惑星おぶらいえん

コブライエンさん

Author:コブライエンさん
FC2ブログへようこそ!
はじめまして、コブライエンです。

ダウントンアビーの侍女、オブライエンさんから戦争映画まで幅広く(狭いかも)気長に参加して来たいと思ってます。
よろしくおねがいします。

毎月、必ず更新するよ!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。